当税理士・公認会計士事務所の特徴

税理士事務所への不満は、なぜ生じるのでしょうか。

現在、税理士と契約している方から、「料金が高い、説明やアドバイスがない、税理士が訪問してこない、相談したいが聞きづらい」など不満があり、税理士を変更したいというお問い合せや相談をよくいただきます。

 

これは、その会計事務所のサ−ビス不足や内容説明不足により、うまくコミュニケ−ションがとられておらず、顧問先様が会計事務所をうまく利用できていないことへのいらだちではないでしょうか

 

たとえば、税務相談の委託をしたとします。顧問先様は、毎月顧問料を払っているのだから、会計事務所からは当然、訪問や経営や節税のアドバイスがあるものと思われています。しかし、一般的に会計事務所は、相談がなければ何もしません。ここにサ−ビスに対する大きなギャップがあります

 

[当税理士・公認会計士事務所の特徴]
 

会計事務所は、適正な会計や税務の処理をするだけではなく、経営者の方の悩みを共有し、解決の糸口を見いだす一助となることが重要だと考えています。  

このため当事務所では、

 

 

税理士・公認会計士の有資格者が、毎月または2ヶ月に1度程度訪問し、経営者の方と面談し、ご質問やご相談を受けています。(メ−ルや電話は随時お受けしています。)

 

顧問先様の疑問やご相談に対して、丁寧な説明(コミュニケ−ション)と適切なご提案をすることを大切にしています。

 

 

サ−ビスをパッケ−ジ化して料金を決定し、追加料金が発生しにくい料金体系にしています。

 

このように当事務所は、法人や事業所へ定期的に訪問することにより、今の事業の状況や経営者の方の考えをよく知ること、また顧問先(お客様)にとって便利で、相談し易い、税務会計事務所であることを心がけています。 

 

 

    【なぜ訪問が基本なのか?など、詳細はこちら】

 

    【料金とサ−ビスを知りたい方はこちら】