個人で事業を開始され、始めて申告される方や既に申告経験はあるが、青色申告の控除を十分に運用されていない事業主の方に

 個人事業主の方々へ 「記帳支援サ−ビス」

個人事業主が青色申告の届出を提出し、複式簿記により帳簿を作成すれば、65万円の控除を受けることができます。(支払なしの経費と同じ効果です)。

 

ただし、ご自身で記帳するとなると簿記の知識が必要となります。これは会計ソフトを利用した場合でも同じです。操作方法をがわかっていも、手書き同様、簿記の知識がなくては誤った入力になってしまいます。結局時間や手間がかかり、青色申告特別控除(10万円または、65万円)をあきらめる方も多くおられます。

 

そこで、こういったお悩みをお持ちの個人事業主の方向けに、月額1万円で、複式簿記記帳による帳簿作成や記帳された内容を検証するサ−ビスを提供しています。

 

当税理士事務所への月額1万円の支払手数料は、当然、事業経費となりますので、複式簿記による記帳のご依頼があった場合の実質負担額は、次のようになります。

たとえば
所得額(売上−経費−扶養親族控除などの控除後)が100万円の場合 通常、所得税5%と住民税10%の計15%で、15万円の税金支払が発生します。

 

ただし、複式簿記の記帳を当事務所に依頼された場合

  (65万円控除+12万円経費)*0.15= 115,500円 の税金支払が少なくなります。 

 記帳手数料120,000円 − 税金支払減115,500円 =4,500円
 

  つまり、記帳手数料を支払っても、税金支払が少なくなるため、実質負担額が、1年間で4,500円ということになります。  

 

支払額で比較してみますと、

複式簿記の記帳を依頼されず、65万円控除がない場合    

   税金支払額  150,000円

当税理士事務所に、複式簿記の記帳を依頼された場合     

   税金支払額   34,500円(150,000円−115,500円)

   記帳手数料  120,000円  計 154,500円

1年間で、4,500円追加するだけで記帳の手間が省けるだけでなく専門家による節税等の判断やアドバイス付きの記帳が可能となります。

(所得額により、税率が変わります。ご自分の所得額で、節税効果をご確認してみて下さい。) 

 

(記帳支援サ−ビスのメリット) 

◆青色申告特別控除(10万円または65万円)ができる。

◆当事務所への支払い手数料は、経費となる。

◆一定条件を満たした配偶者や親族へ支払う給与が、経費となる。

◆専門家による節税等アドバイス付きの記帳となる。

特に事業初年度に、設備投資があるが場合、その処理方法が重要になります。

 

税理士事務所をうまく使って節税することも、経営にとって大切なことです。