経営・税務会計でのお悩み、ご相談はありませんか?

「個人事業経理支援」

個人事業主の皆様へ

個人事業主の方々からは、節税対策(税金を安くしてほしい)や会計帳簿作成の方法は、もちろんのこと経営相談、資金繰りなど多種多様なご相談、ご質問があります。

 

例えば
@ 領収書整理や帳簿作成が、忙しくてできない。
A 帳簿の記帳や会計ソフトでの入力はしているが正しいかどうか不安。

B スタッフへ給与を支払うが、給与計算や源泉税の処理ががよくわからない。
C 節税方法や経営について相談したい。
D 会計事務所へ行く日や時間がないため訪問してほしい。
E 消費税の届出や申告をどうすればよいのか。
F 税務調査を受け、色々調べられ、追加の税金を多く払ったが、指摘された内容がよくわからない。また、今後は指摘されないようにしたいがどうすればよいのか。

G設備投資のタイミングと借入先、借入方法を知りたい。

H資金調達(銀行借入等)のため、決算書の利益は良い数字を出したいが、税金は、少なくしたい。

など

これらのご相談に対して、税金面を踏まえ、一つ一つ解決策を探し、ご提案させていただいております。

 

 例えば@・Aの領収書整理や帳簿作成へのご提案

   当会計事務所による記帳指導や記帳代行支援

 

 例えばCの節税へのご提案 

@65万円控除を受けるための帳簿作成方法

  帳簿のつけ方や管理の仕方により、65万円の控除ができます。

A専従者(親族)への給与を経費とするための届出と給与額の決定方法

B店舗工事代や器具代の経理処理方法による節税

  開業のために支払った多額の店舗購入代や改装費用、設備代などについて、どんな処理を選択するかにより節税が可能となります。(特に、開業年度が重要です。)

などなど

 

  例えば、Hの資金調達(銀行借入等)のためのご提案

 「青色申告決算書」(損益計算書のこと)で経費を多く計上し、所得金額を少なくすることばかりを考えると、税金は確かに少なくなりますが、銀行借入をしようと考えている場合、銀行の融資担当者は、「青色申告決算書」を見て、商売の儲けが少なく、業績が良いとは判断してくれません。このため融資が実行されないケ−スがあります。そこで「青色申告決算書」では、無理に経費を計上せず(過度に節税しない)、ありのままの所得を出します。その代わり、確定申告書の「所得から差し引かれる金額」の項目を使って節税を考えます。例えば、社会保険料控除や小規模企業共済等掛金控除だと、支払った額だけ控除されます。こうすれば、営業業績は良くなり、融資担当者には好印象を与えます。また、節税もしっかり出来ています。

といったご提案をさせていただいております。

また、毎月の訪問により、事業主の設備購入計画や資金調達など色々な考えをお聞きすることにより、事前に税金面での有利な方法や時期を提案し、選択することが出来ます。さらに業務管理面についても経験に基づいたアドバイスを提供していきます。
   
 

(顧問料・決算報酬に含まれるサポ−ト内容)
◆ 原則月1回訪問、訪問時または電話による各種相談
◆ 帳簿記入または会計ソフトへの入力をチェック(記帳も当税理士事務所
で請負っている場合は、必要ありません)
◆ 月次決算数値について、前年同期比較等の分析と報告
◆ 決算事前打合せ
◆ 税務申告書作成(所得税・消費税)、決算書作成・償却資産税申告書の作成
◆ その他
  税務署への届出書作成
  年末調整
  給与支払報告書、源泉徴収票等の法定調書合計表、源泉徴収票、
  支払調書、源泉税納付書の各種書類作成

但し、以下のものは除きます。

☆ 会計入力は別料金にて承ります。(領収書や請求書をお預かりし、当税理士事務所で会計処理)
 
まずは、「お問合せ」から、お気軽にご相談下さい。

             

                         料金は料金のご案内